ヘッダー
静香産業株式会社TOP > S45C・Nアイボルト

S45C・Nアイボルトを使ってみませんか?

どうして、S45C・Nアイボルトでコストダウン出来るのか? 是非、下のQ&Aを読んでみてください。
また、現在使用中のアイボルトも「S45C・N」にかえてみませんか?安心度がグッと上がりますよ!

S45C・NについてのQ&A

Q1. 『S45C』ってどんな材質ですか?

answer

S45Cは、機械構造用炭素鋼材と呼ばれるもので、主に機械部品に使われる鋼材です。炭素を含んでいて硬い性質があり、JIS(日本工業規格)では「SC」と表されます。45という数字は、炭素の含有量の0.45%を示しています。

Q2. 『S45C・Nアイボルト』の特徴は?

answer

アイボルトは、材質がSS400の一般構造用鋼材やステンレスで出来ているものがほとんどです。
しかし、材質に「S45C」を使う事により強度が上がり、更に鍛造後、焼きならし(N )を施すことで、結晶粒度が安定します。
強度のバラツキも少ないのが「S45C・Nのアイボルト」の特徴と言えます。

S45C・Nアイボルト

Q3. なぜ「S45C・Nアイボルト」でコストダウンできるのですか?

answer

より強度のあるアイボルトなので、従来、使用していた製品より、1クラス小さいサイズで使えるため、軽量化が可能になります。又、めねじの下穴タップ加工の手間も少なくなるなど、製造のコストを大幅に下げる事が出来るのです。

Q4. 本当に従来より小さいサイズで大丈夫でしょうか?

answer

はい、大丈夫です。
但し、材質、鍛造、加工のすべてが高いレベルで造られたものでなければなりません。アイボルトは「重要保安部品」です。
どれか1つでも粗悪であれば、製品の安全基準は満たされないでしょう。
また、アイボルトは、吊りボルトであるが故に、使用方法を間違うと基準を満たした安全な製品でも、使用荷重に耐えられない事もあります。使用上の注意事項を必ずお守りください。

S45C・Nと従来のJIS製品との比較

使用荷重

従来のJIS製品とS45CNの使用荷重比較

保証荷重

JIS製品とS45CNの保証荷重比較と永久変形試験結果

使用荷重と保証荷重の違いはこちら

ブランドの『S45C・Nアイボルト』でコストダウンができます。

今お使いのアイボルトと同じサイズを使えば使用荷重が上がり安心感が増します。

当社では「安全」ではないアイボルトは、ユーザー様にお使いいただくことは出来ないと思っております。
SIブランドの「S45C・Nのアイボルト」は原材料の品質から、鍛造、切削加工に至るまで、すべて自社で管理し「安く」「安心して」「安定供給」出来る商品として皆様にお届けいたします。
SS400のアイボルトと区別するため、側面にS45C・Nと刻印しています。
その他、ご質問などがございましたら、お気軽に静香産業までお電話ください。

静香産業 tel 06-6573-0121

ページトップに戻る

フッター